INTERVIEW

小野寺 乙奈

UNITED ARROWS
セールスパーソン

2015年入社

キャリアパス
販売員

自信は、お客様との
距離に比例する

あたたかい感謝の気持ちが生まれる会社
一番の得意科目が英語だったことから、国際ボランティアに力を入れている大学に進学しました。当然、就職活動では英語を使った道に進む選択肢もありましたが、私が主に見て回っていたのはアパレル業界でした。高校生の頃から洋服が好きで、得意なことよりも、好きなことを仕事にした方が楽しそうだと考えたからです。そして、ユナイテッドアローズの説明会に参加した際、お客様が自ら書いてくださったという、本当の気持ちがこもった感謝のお手紙が店舗にたくさん届いていることを知りました。服を提供することで、こんなにもあたたかい感謝をいただける。それまで、数多くのアパレル系の企業を見て回っていましたが、はじめて感じた衝撃でした。こんな素敵な会社で働いてみたいと思い、入社を決めました。
目標までひたすらに
昔から、一度「こうだ」と決めたことは、最後までやり通さなければ気がすまない性格です。だからでしょうか、周りからは「とにかく真面目」と言われることが多いです。部活もそうでしたし、受験勉強でもそうでした。もちろん、仕事にもそんな想いを持って全力で取り組んでいます。しかし時々、気持ちが前に出すぎて周りから心配されることも…。でも、任されたからにはやり遂げたいという気持ちが強いです。そんな性格もあってか、責任感も強い方かなと思っています。特に最近では、後輩の育成を任せてもらえる機会もあり、「この子の成長が自分にかかっている」と、背筋の伸びる思いで指導にあたっています。
細やかな意識から信頼がつくられる
ユナイテッドアローズにはさまざまなブランドがありますが、配属された店舗は、年齢層が上の方もご来店される店舗で、自分が持っていた接客のイメージとは大きなギャップがあったことを覚えています。特にスーツの販売では、フォーマルなファッションに対する知識がなかったため、その習得には苦労しました。ただ、学生時代に飲食店でアルバイトをしていたため、お客様と会話をすること自体には自信があったんです。しかし、いざ接客をしてみると、先輩たちからは言葉遣いをよく注意されました。自分では敬語や丁寧語を使い慣れていると思っていたのですが、実はその使い方が間違っていたりしたんですね。そして、細かなニュアンスまで丁寧に指導してもらったことで、より繊細な気配りができるようになりました。そういった言葉遣いにまで細かく気を配れるからこそ、年齢を問わず、多くのお客様にご来店いただけているのだと思います。
接することでしか、分からないことがある
入社してから5年目で異動をし、服飾商品の担当となりました。入荷商品の選定や売場づくりなど、店舗の売上に直結する仕事を任されています。その中で大切にしているのは、自分の意志で戦略を立てることです。そう思うようになったきっかけは、店舗間での交換研修でした。入社して4年が過ぎた頃、バッグやアクセサリーの商品担当として、売上動向などを基に売場づくりをしていましたが、「こうした方がいいんじゃない」と言われると、とたんに自分の考えに自信がなくなってしまっていました。そんな中、研修で気づけたのは、コミュニケーションを通し、お客様の動向を自分の目で見て、会話をするからこそ、自信のある戦略を打ち出せるということです。答えをくれるのは、いつだってお客様だということを学びました。
“これから”をつくるために
私が勤務する店舗は、中高生からご年配の方まで幅広くご来店されるので、毎日がとても新鮮です。商品イベントやポップアップなどを行ったり、積極的にお客様と触れ合う機会をつくり、それぞれのお客様が何を求めているのかを探ることに力を入れていきたいと考えています。そして、ただ服を売るだけでなく、その先までも提案できるようになれれば、この仕事はさらに楽しくなるはず。そうしたやりがいを、これから入社される方にも味わっていただきたいですね。また、ユナイテッドアローズは新ブランドの立ち上げや新店のオープンなどに挑戦している一方で、福利厚生も十分に整った会社です。産休育休を取得して長く働ける環境ではありますが、その分、若手が現場を支えていく必要もあるため、今後も教育には力を入れていきたいと思っています。そして、お客様に変わらない価値を提供し、ユナイテッドアローズのこれからを支える力として、一緒に成長していければ嬉しいです。

お休みコラム

旅行が好きで、年に1回は必ず海外に行くようにしています。いわゆる世間一般的な長期休暇とは時期がずれるので、旅費もリーズナブルに。写真はハワイに行った時のものですが、非日常といった、普段では見ることができない景色を見るとインスピレーションが刺激されますし、いいリフレッシュになっています。しっかりとお休みを取れる環境は嬉しいですね。

他のインタビューを見る