INTERVIEW

小菅 健太

BEAUTY&YOUTH
UNITED ARROWS
セールスパーソン

2018年入社

キャリアパス
販売員

成長を促す、人の熱量

自分が納得できる環境を求めて
新卒では、好きが高じてアンティーク家具を扱う会社に販売職として入社しました。東京で働きたい気持ちがあったのですが、指定された勤務地は兵庫県でした。東京で働くことを希望し続けましたが、それが叶わず転職をすることに。そして、2社目は専門商社へ入社し、営業として働きはじめました。営業を選択したのは父の勧めです。「営業を経験しておくと今後のためになる」というアドバイスをもらいました。もともと人と接することが好きでしたから、営業という仕事に対しては、すぐに楽しさを感じるようになりました。しかし、会社の方針で業務内容が変わってしまい、お客様と接することが少なくなり、パソコンでの業務を行う毎日に…。こんな仕事がしたかったのか。そんな自問を繰り返し、心から楽しみ続けられる環境を求めて、次のステージを目指すことに決めました。
全員が同じ方向を向く
次の道を考えた時、真っ先に浮かんだのがユナイテッドアローズでした。店舗にはじめて訪れたのは大学生の頃。当時はセレクトショップに対して、スタッフが怖そう、値段が高そう、といったイメージを持っていました。しかし入店してみると、販売員の方が物腰柔らかく、予算に合わせた提案をしてくれたのです。とても感動し、そこからファンになりました。そんな印象があったからこそ、働いてみたいと無意識に考えていたのだと思います。そして、ユナイテッドアローズの主催する転職相談会に参加。そこで、店舗スタッフの方、人事の方、他の部署の方、全員が「洋服を通してお客様に何ができるのか」を大切にされていることが感じ取れました。全員がこんなにも同じ気持ちを持つ会社は、他には絶対にない。やりがいがあることも間違いない。そう感じて、入社を決めました。
どんな試練にも意味はある
営業の仕事をしていた時のことですが、担当するお客様に苦手な方がいらっしゃいました。お叱りを受けることが多かったんですね。しかし、逃げずに真剣に向き合えば、きっと何か得られるものがあるはずだと考え、自分から歩み寄っていきました。その結果、少しずつ打ち解け、食事に誘っていただいたり、非常に多くのことを教えていただけるようになりました。プラス思考に考え、真剣に取り組んだことで、かけがえのないつながりを得ることができた経験です。この「何事も真剣に取り組む」という性格から、今の職場でも真剣に「こうだと思う」といった発言をよくしています。その軸としているのは、「すべてはお客様のためにある」というユナイテッドアローズの考え方です。全員がそれを共有しているからこそ、いい意見交換ができていると感じます。
何が最良かを自分たちで考える
接客をする中で特に意識をしているのは、お客様が店頭に来られた“意味”をつくるということです。例えば、今はネットで買いたい商品に目星をつけてご来店される方が増えていますが、そういったお客様の期待を超えるような提案をし、「ここに来れば、色々な提案を受けられる」と思っていただくことが大切だと考えています。私が勤務する店舗はお客様の年齢層も広く、ご要望は多岐に渡るため、求められていることを理解して、期待にお応えするにはどうすればいいかと考えることに面白みを感じています。自分で考え、トライアンドエラーを繰り返す。店舗のバックルームを整理する時も、どうすればお客様をお待たせしないような在庫管理ができるかを自分たちで考えています。さまざまなことに挑戦できる環境は整っていますから、モチベーションを維持し続けられると思います。
良質なDNAは限りなく
転職相談会に参加した時から感じていましたが、ユナイテッドアローズの先輩たちの指導は、本当に熱がこもっていると思います。私はガツガツと質問してしまうタイプなのですが、その一つひとつに丁寧に、親身になって答えてくれています。入社研修の際には、この会社で販売職としてやっていくためには何が必要なのか、熱く語っていただきました。とにかく人に熱量があるのが、ユナイテッドアローズの特徴です。また、お客様に対する想いも熱いことに加え、さまざまな挑戦を続けている会社ですから、ここで働いているということ自体がいずれ自分自身の市場価値になっていくと思います。そんな私たちの熱量や想いを、店舗に足を運んでいただき、感じてもらえたなら嬉しいですね。

お休みコラム

「陶器」が好きでコレクションしているのですが、休みの日に焼き物のお店を訪れ、いいなと思ったものを購入しています。写真は、九州にある窯でつくられたビールグラスと取り皿です。気に入った陶器に自分でつくった料理を盛りつけて食べるのも、楽しいひとときですね。

他のインタビューを見る