INTERVIEW

諸田 真奈

UNITED ARROWS
green label relaxing
店長

2016年入社

キャリアパス
販売員
セールスマスター
店長

誰かを想う気持ちが、
未来を広げていく

大切なことは、心が決める
学生の頃は、「好きなことを仕事にしたい」と考えて就職活動を行い、最終的に「旅行会社」と「ユナイテッドアローズ」が候補に残りました。旅行関係の仕事は小さい頃からの夢でしたが、ファッションも大好きで、特にユナイテッドアローズの人に大きな魅力を感じていました。選考で出会った先輩社員全員が、心から仕事を楽しむ姿に憧れを抱いたのです。しかし、どうしても決められず、背中を押してほしいという想いで、ユナイテッドアローズの採用担当の方に電話をしました。「うちの方が絶対いい」というような答えを期待しましたが、聞こえてきたのは「決めるのは自分だよ」という言葉。その時、「社会人は、自分がいいと思った道を自分で決めて進んでいくものなのだ」と気付かされました。そして、「ここの人たちと働いて人生を楽しみたい」という自分の直感を信じ、入社を決意しました。
真っ直ぐ、熱く、認め合う
自分の性格は、「楽天的」だと考えています。失敗をすれば反省をしますが、「何とかなる」という気持ちで、常に今とこれからを考えて行動しています。しかしながら、周りからは「真面目だ」と言われることが多いです。興味があることに熱くなるタイプなので、それが真面目という印象になっているのかもしれません。また、チームで目標に向かうことが好きなので、全員でいい店舗を目指すという点に、仕事の楽しさを感じています。ただ、「お客様のため」という軸は一緒でも、それぞれが熱い気持ちを持っているため、意見がぶつかることもよくあります。どちらも譲ることができずに泣きながら夜まで話し合ったこともあるほどです。しかし、今ではお互いを認め合うことが大切だと考えられるようになりました。
売るのではなく、一緒に歩む
実は、アパレルの販売員には、モデルさん並の印象を抱いていました。きれいで、かっこよく、スマートで、キラキラしているというイメージです。しかし、入社して先輩の姿を見て分かったのは、オシャレでいることよりも、気遣いや心遣いなど、全員が「人間性」を磨き、お客様を知ることを何よりも大切にしているということでした。入店された時の視線や表情はどうか、話しかけてほしいのか、ゆっくりとお一人で見たいのかなど、お客様のことをよく観察して、気持ちを読み解いて寄り添っていく。そんな意識を持つことが、ユナイテッドアローズの「親しみやすさ」につながっているのではないでしょうか。また、お客様に接する時は、「私たちが提案する服で、その方の未来がどう広がるのか」と想像し、一緒に歩んでいくという気持ちを持つことが大切だと思います。
「好き」をふやす仕事
入社以来、一貫して販売に携わってきましたが、2019年に「セールスマスターブロンズ」の称号を獲得することができました。特にこの称号を意識していたわけではないのですが、日々、一生懸命に接客してきたことを認めてもらえたと思うと嬉しいですね。セールスマスターになってからは、ブランド認知度を向上させることも主な仕事となりました。地域全体の市場や売上分析から仮説を立て、検証し、より多くのお客様にご来店いただけるような施策を考え、実行することで、ファンを増やしていくという内容です。私は何かを専門的に極めるというよりは、好奇心旺盛でいろいろなことに手を伸ばしては、いっぱいいっぱいになってしまうタイプなので、周りのメンバーの意見を大切にするようにして、全員でつくりあげています。また、並行して人材教育にも携わっており、研修の準備や運営サポートも行っています。
人のことは、人にしか分からない
ネット通販が当たり前になり、AIが発展を続けても、接客の仕事がなくなることはないと私は考えています。お客様のご要望の裏に隠れた本当の想いなどは、直接会話をすることでしか導けないものだと思うからです。そこに販売員としての面白さがありますし、一番のやりがいだと思います。また、この仕事は、人間力がたいへん磨かれる仕事です。営業や宣伝、分析など、世の中にはさまざまな仕事がありますが、すべては人の気持ちが読み解ける人間力があってこそ。販売員をやっていれば、どんな仕事においてもスペシャリストになれるのではないでしょうか。今回、店長を任せていただく店舗でも、そうした販売の面白さをメンバー全員に感じてもらえるようにしていきたいです。そして、お客様から愛し続けていただけるお店にしていきたいと思っています。

お休みコラム

写真は、中学生から高校生くらいの時に流行った、モデルとファッションデザイナーが登場する漫画です。そこまで読み込んでいなかったのですが、アパレル業界に入った今こそ読んでみようと大人買い。当時は、「オシャレな漫画だな」くらいにしか思っていませんでしたが、今読むと共感することばかり。休みの日に一気に読みました。

他のインタビューを見る